DAUGHTER BOUTIQUE 堀川久美子さん-CFL Interview-

今年の7月25日から8月7日まで、メキシコのティファナで行われる、Casa Futuro Lab. 主催の「クロスボーダー・エクスプレス・ワークショップ」。事業創出ラボの第一歩として、様々な分野からメキシコで事業を起こそうとするチャレンジャーが集まり、実際に事業開発を行います。

堀川さん
DAUGHTER BOUTIQUE 堀川久美子さん
ミニマフィン
DAUGHTER BOUTIQUE定番ミニマフィン

参加者インタビュー第一弾として、ヴィーガンスイーツブランドDAUGHTER BOUTIQUE代表の堀川久美子さんにインタビューを行いました。2014年8月に設立し、青山ファーマーズマーケットなどのマルシェイベントや、渋谷ヒカリエ、新宿伊勢丹、有楽町マルイなど商業施設に期間限定出店されており、スーパーフードを使ったヘルシーで美味しい植物性素材のみでできたスイーツが評判を集めています。

メキシコでは、メキシコの食材を使った、メキシコ市場向けのお菓子の試作、事業化に向けての市場調査などを行います。

ーお菓子販売をされる前は、どんなお仕事をされていたんですか?

独立前はファッション業界でマーチャンダイザーの仕事をしており、セレクトショップの仕入業務や、海外ブランドの輸入代理店で国内の直営店で展開する商品をシーズン毎に発注したり、新規立ち上げブランドの企画立案など、今の菓子製造業でも非常に役に立っている経験をたくさんさせていただきました。

実は、高校生の頃からアパレルのセレクトショップを持つのが夢だったんです。そのために必要なのは英語力と買い付けなどの仕入業務経験だと思い、短大卒業後は3年間、地元新潟の実家から通える会社に就職し、OL生活を送りながら貯めたお金でアメリカ留学し、帰国後はファッション業界で先ほどのような経験を積みました。

ーなるほど。でも、ファッションのセレクトショップから今のお菓子ブランドに方向転換されたというのは、どういういきさつがあったんですか?

ファッション業界で半年サイクルで流行を発信していく側に立ってみて、とてもめまぐるしいと思ったんです。仕事柄トレンドを積極的に取り入れていく必要もあり、それまでの自分の消費傾向よりもずっと多くものを買うようになりました。素敵なものに囲まれている心地よさよりも、日々使っていないタンスの肥やしになっているモノへの申し訳なさが勝るようになってきました。それよりも、「私はこれが好き。これが私のスタイル」とずっと思えるものを、少ない数でよいので大切に愛用する暮らしが素敵だなと思うようになりました。

ーそういった気持ちの変化が、ファッション業界のお仕事から離れるきっかけになったのでしょうか。

“ファッション業界”を広義で衣食住全般ととらえると、今も食と住の分野でファッションに関わっていると思っています。アパレルにも流行に左右されない定番アイテムを提供し続けているブランドはありますので、結局は着るものよりも食べるものの方に興味があったのでしょうね(笑)。

また、お菓子を含む食や、インテリア雑貨を含む住の分野にも、もっと長いサイクルで大きなトレンドの流れがあります。

食に関しては、私のブランドのコンセプトでもあるヴィーガンや、ローフード、マクロビオティック、オーガニック、グルテンフリー、スーパーフードといったカテゴリーがかつてないくらい表舞台で注目されるようになってきています。

グルテンフリー
グルテンフリークッキー

ーお菓子のブランドを立ち上げるには、通常はパティシエの学校を卒業して経験を積みますよね。

子供の頃からお菓子作りが好きで、大人になってからも自分のおやつはよく作っていました。海外で流行っているスイーツや、ヴィーガンスイーツ情報をブログで収集するようになって間もなく、スーパーフードという存在を知り、とてもワクワクしました。特にチアシードの活用に可能性を感じ、これはぜひお菓子に取り入れたい!と、チアシード入りミニマフィンを作っては、周囲にプレゼントしていたんです。それがDAUGHTER BOUTIQUE立ち上げのきっかけです。

有楽町マルイ1
有楽町マルイでの出店の様子

パティシエとして経験を積んできたわけではないけれど、よくブログや取材記事を読んで憧れていたニューヨークのヴィーガンスイーツブランドのオーナーも雑誌の編集者出身だったり、パリで訪れたカップケーキショップのオーナーも法曹界出身だったりと、経験がないとできないわけではないと潜在的に思っていました。なので、「よし、やろう!」と決めた瞬間に、考えるより早く動き出していました。

ーところで、DAUGHTER BOUTIQUEのDAUGHTER (娘)って、どうして付けられたんですか?

お菓子のブランドを立ち上げる前に、DAUGHTER DESIGNSというインテリア雑貨ブランドを先に立ち上げていたんです。私がデザインした雑貨を家具職人の父に作ってもらうので、「娘」という言葉があれば、そこには親がいて、自分のまた娘を表すことにもなると思ったんです。父が作ってくれたものを、娘にも託していく。そんな時代を超えた、トレンドにとらわれない雑貨づくりをしたいという思いで、ぴったりだと思いました。

お菓子のブランドを1週間で立ち上げることになったとき、ブランド名はDAUGHTER BOUTIQUEにしようとすぐに思いつきました。オリジナル雑貨のコンセプト同様、親から子へ、そのまた先へもずっと伝えていきたい良質な食を、お菓子というココロも喜ぶ形で提供するというミッションにぴったりだと思ったからです。

ヒカリエ1
渋谷ヒカリエにて接客する堀川代表

ーそんな思いがあったんですね。今のお話でよくわかりました。ブランド立ち上げのきっかけになったマルシェイベントに出店して、その後はどんなふうに今まで展開して来られたんですか。

Facebookで発信していたら、知人たちが「こんなイベントも出てみる?」と誘ってくれるようになり、月に一度のペースで出店をしながら、ネットショップで販売も始めました。ファッション業界の人たちにも見てもらって、企業からのオーダーも受けたいと思い、roomsというファッション業界向けの合同展示会でマフィンショップとして出店しようと思ったんです。問い合わせたら出展者として出ることを勧められ、2015年2月に出展し、それを機に展開先が広がりました。その後、青山ファーマーズマーケットに出店するようになり、今のメインの売り場になっています。

青山FM
青山ファーマーズマーケットにて

ーなぜ、今夏のワークショップに参加されることに決めたのですか。

アパレルのセレクトショップを開く夢を持ったきっかけは、仕事で世界中を旅できる、海外と接点が持てるというのが根底にありましたが、お菓子作りに関しても海外と接点を持って仕事をしたいという気持ちがありましたので、メキシコでヴィーガンスイーツのワークショップをするというのはこれからの展開のきっかけになると思いました。笠原さんにその思いを伝えたら、「フードコミュニケーション」という笠原さんが大切にされているテーマとも通ずるし、やってみましょう、と賛同いただき、実現することになりました。今日本で作って販売しているお菓子をどう変えたらメキシコ市場で売れるものになるのか、というテストマーケティングや、メキシコの食事情のリサーチ、日本にまだあまり輸入されていない市場可能性の高い食材探し、隣接するサンディエゴで北米市場もリサーチ、その他現地で新たに発見する調査対象があれば、見てきたいと思います。

(KB Foam Inc. 笠原敬太氏インタビュー記事:http://miraitv.com/future/?p=5938)

また、笠原さんのお話を伺っていて、メキシコにはシングルマザーがとても多いということを知りました。お菓子を作って販売することは、私もすぐに取り掛かれたくらいスタートアップのハードルが比較的低い仕事なので、生活のためだけに仕事をするのではなく、好きなお菓子を仕事にして生活を支えていくということが、メキシコのシングルマザーたちの間でも選択肢の一つになりうると思うんです。日本でも今後スイーツブランドを立ち上げるノウハウの提供やサポートをしていきたいと考えていたところなので、先にメキシコでその可能性を探ることになりそうで、ますますワクワクしています。

ーメキシコはかなり貧しい方が多く、今のレギュラーサイズマフィン一個400円の値段設定では、一般的な金銭感覚の消費者層への販売が難しいのではというのが正直な疑問です。

確かにメキシコは貧富の差が大きいと聞きますし、どの消費者層を対象とするのかは難しい判断ですね。日本でも、この価格を高いと感じる層はいますし、マスマーケット向けの価格設定ではありません。

無理な価格設定をして十分な利益を取れなければ、事業として持続するのが困難になりますので、バランスを見極めることが必要です。メキシコへの社会貢献要素であるシングルマザー支援の実現を第一に考えて、ターゲット市場や価格について検討したいと思います。

ー事業立ち上げからまもなく3年目、堀川さんの今後の目標を教えていただけますか。

組織内では、ひとりで製造するのには時間的にも体力的にも限界がありますし、事業展開できる範囲が限られてしまいます。これまでもイベントに合わせて販売や製造でスタッフをスポットで雇用してきましたので、期間限定出店や卸製造の仕事が入ったときに声を掛けられる数名のスタッフ網はあります。今後事業規模の拡大に合わせて雇用を増やして組織化を進めていって、自分が手を動かさなくても事業が成り立つようにするのが今後のテーマです。流通量を増やすために半機械化したり、今も取り組んでいることですが現場を任せられる人を育てたり、そのために必要なことは山ほどありますね。

13256032_637472513058034_8441048707803247920_n
メンバーとの記念写真

実店舗展開やメキシコからの食材輸入販売、商品開発などの企業連携、そしてメキシコでの製造・販売の事業化が今見えている目標です。

インタビューを終えて…

豊かな経歴をお持ちの堀川さんの、失敗を恐れない心意気と向上心が、メキシコでどんなマジックを起こすのかとても楽しみです。お土産にマフィンを頂きましたが、イチジク×カカオなど意外性のある組み合わせが楽しく、お味・食感も合わせて美味しくいただきました。そしてずっしり・しっとりしていて食べ応えがあり、お腹の持ちがよいので、残業前に気合を入れたいOLさんや、ダイエット中だけど甘いものが食べたい方にもぴったりです。

Mexico_SW2016_504
今夏開催の Cross Border Xpress Workshop 開催ポスター

(開催概要 http://miraitv.com/future/?p=5894)
(DAUGHTER BOUTIQUE : http://daughter-boutique.com/)

記事:森川郁子


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*