© 2012 Tommy 307-000

赤羽-川口視察歩道307

そんなわけで、1年が立ちました。

Doの活動も、2011年2月に活動を始め、
3月11日を経て、あるべき姿を模索しながら現在に至ります。

できること、学ぶべきこと、変えるべきこと、守るべきこと。
ひとつひとつ丁寧に観察しながら、微速ではありますが
前進してきました。

その模索は今日も続いています。
世界でもトップクラスのの過密都市の中で、荒川を軸に
生き抜くためにあるべきタフなライフデザインを構築すべく
本日は赤羽〜川口歩道です。

日本の近代化の中で築かれた偉業がそこかしこに佇んでいました。
そこはかとなく思うのは。
ここまでは、このやり方でよかったとして、
ここからは、このやり方では行き詰まるだろうな、と。

春の気配もチラホラ?
いつか、誰かの訪れを待っていてもはじまらないので。
こちらから歩み寄り、あいさつをする。

そして、変化はすでにはじまっています。
































One Comment

  1. Posted 2012/03/13 at 02:52 | #

    働く喜びがあった時代。働く喜びを懐かしむ時代。映画サウダーヂが表したものは私たちの階層社会とその未来。そして、手に入れなければいけないのは孤独と貧困に耐える技術。 希望ではなく、絶望でもなく、生き延びる術。階層構成原理が通用した既得権益の保守はもうない。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>