© 2011 Tommy 9230001

Do! 武甲山へゆく 924

9 月 24 日、武甲山に登った。
 以前来たときはゲリラ豪雨のため登れず、今回はリベンジとなる武甲山だった。
 今回は、横瀬からスタートして武甲山を登り浦山口にでる表参道コースを選択。
 朝、横瀬でメンバーを待っていると売店で不思議なおばあちゃんと出会った。
僕たちはそのおばあちゃんを勝手に武甲ばあちゃんと名付けた。武甲ばあちゃんは
楽しそうに武甲山の話から自分の経歴、そしてなぜか髭の話を5回もしてくれた。
 武甲おばあちゃんをあとにし、武甲山へ向かうが徹夜明けのメンバーが登山口前
にして既にバテ気味と不穏なムード。これは武甲ばあちゃんの呪いかと笑いながら
登山口へ。
 山の中はとても涼しく、木漏れ日がちょうど良い暖かさを与えていた。そして、
木々 がきれいに垂直にのびてゆく姿は、絵画のような不思議な空間を演出していた。
まる でジブリの世界に入ったような。
 武甲山を登ってゆくと、さっきまでバテ気味だったメンバー達がドンドン元気に
なり、テンションもあがっていくのを感じた。武甲パワーを感じた時でだった。
 台風の後のせいか、山道の上に大量の葉が落ちていてまるでグリーンカーペット
のようだった。さらに葉からは香りも出ていて山道なのにとても優雅な気分にもなっ
た。
 ようやく頂上に到達すると、そこには絶景がまっていた。埼玉から東京まで眺める
事ができた。そして、見下ろすとそこには、採掘所があり休日にも関わらずブルドー
ザーやトラックがせっせっと働いていた。ここからコンクリートの素が取れるのかと
しみじみ見ていたが、どうも子供の砂遊びの様にしか見えなく滑稽だった。
 下山後、帰り道にあった「はにつえん」によった。ちょうど閉店するときにきた僕
たちをおばちゃんは、笑顔で迎えてくれた。そして夕飯をいただいた。 
 このおばちゃんがまた強烈なキャラクターで僕たちは、また勝手に武甲母さんと名
付けた。武甲母さんは、武甲山を活気づけたいと言い、自分のお店で様々な活動をし
ていた。音楽、スポーツ、復興支援など色々やられていた。そして話の流れで僕たち
も 3.11 のイベントに参加もする事になった。帰りは武甲母さんが話したりないと言
い、 西武秩父まで車で送ってくれた。
 一回目の登山で素敵な出会いに、色々なヒントとなるような事を感じられ収穫のあ
る 登山だったと思う。DO の秩父 base となりそうな「はにつえん」とも繋がること
ができ、 また新たな可能性が見えてきた。今後の活動に乞うご期待!

text by ARAYA!










One Comment

  1. Posted 2011/10/03 at 23:53 | #

    武甲歩道はかなり元気もらえますね。まずは山頂にピザ釜を設置しましょう。BL、元ガチオタ、おっさん等々あらゆるものを受け入れる武甲山に最大リスペクト!

Post a Reply to kasahara

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>